【株初心者にオススメ】SBIネオモバイル証券の魅力4選!

株・副業・ポイ活
株・副業・ポイ活

環境が変わったり、時間に余裕ができたりした際に、株に興味を持つ方は多いですよね。一方で「損してお金を無駄にしてしまわないか」「株に関する知識がない」等の不安からなかなか手が出しにくい分野でもあります。

今回は、株初心者の方でも始めやすい「SBIネオモバイル証券」についてご紹介します。

芋ころ
芋ころ

超慎重派の芋ころは「株したいな…」と思い始めて5年目にようやく株を開始しました(笑)本で勉強して知識をつけるものの勇気が出ず…。5年前はこんなに気軽に手を出せる証券会社もなかったですからね。今は株式がグンと身近になった気がします!

SBIネオモバイル証券とは

SBIネオモバイル証券(以下、単に「ネオモバ」という)は、ネット証券最大手のSBI証券とCCCマーケティングが共同出資で誕生した証券会社です。2019年4月からサービスを開始しており、20〜30代の若い世代や投資未経験者をターゲットとしていると言われています。

株式投資を行うには証券会社を利用する必要がありますが、野村證券や松井証券などのザ★証券会社に始まり、SBI証券や楽天証券などのネット証券、LINE証券やPayPay証券などのスマホ証券…と、近年は証券会社のラインナップが増え、ユーザーに合った証券会社を選びやすくなりました。

ネオモバもスマホ証券の一種で、スマホ1つで簡単に始められる気軽さが何よりの魅力です。

スマホ証券の中でも、ネオモバは母体がSBI証券という実績ある証券会社なので、突然サービスを受けられなくなる…なんて心配も無用。安心して投資を楽しむことができます。

芋ころ
芋ころ

芋ころも現在ネオモバで投資をしていますが、母体がSBI証券だという点は重要でした。少額とはいえ、自分のお金を投資するわけですから、新たに証券に手を広げ始めたばかりの証券会社は不安なので選択肢から外しました。

ネオモバの魅力4選

月額利用料が実質負担20円から始められる

引用:SBIネオモバイル証券HPより

証券会社と契約すると、利用料がかかってきます。利用料は各社・各プランによって異なり、1約定いくらと決まっているプランもあれば、1日定額でいくらと決まっているプランもあります。

自分の行う投資スタイル(取引額や取引回数)に応じて適切なプランや証券会社を選ぶことが重要になりますね。

ネオモバは、月間の国内株式の約定代金合計額が50万円までであれば、月額サービス利用料は220円(税込)になります。ただし、毎月200ポイントのTポイントが付与されるので、実質負担は20円といっても良いでしょう。

20円で株式投資の勉強・実践ができると思えばかなりお手頃じゃありませんか?

一定額まで何度でも取引手数料が無料!

上記で書きましたが、ネオモバの料金プランはシンプルで月額制になっています。
最安では月額220円(税込)から始められ、月額約定上限の50万円までは何度取引を行っても手数料はかかりません!

いわゆるデイトレやスイングトレードなど、値上がり益を狙う投資を行う場合、頻繁に取引を行うことになります。もし、1約定毎に手数料がかかるプランを選んでいたら1回の取引で手数料を超える利益をあげなければ損をしてしまします。

ネオモバは、約定価格にさえ気をつければ何度取引を行っても無料なので、1回1回の取引で手数料を気にする必要がありません。

Tポイントが使える!

ポイントを利用して投資ができる

店舗やネットショッピングなどの買い物の利用額に応じて貯まるポイント。

Tポイントは、コンビニやガソリンスタンド、飲食店、ネットショップなど全国に提携店があり、最も貯めやすいポイントといっても過言ではないでしょう。

このTポイントを使って投資できるというのがネオモバの大きな魅力です。

期間限定ポイントを使わずに消滅させてしまった〜という経験はありませんか?
芋ころは正直よくありました…。

ネオモバでは500円以下〜でも投資できるので、少額の期間限定ポイントも余すことなく利用できちゃいます。

ポイントが投資に使えると思うと、普段の買い物でも毎回ポイントをつける癖がつきますし、ポイ活にもより一層力が入るものです!

ポイントを現金化できる!

Tポイントが現金化できるという画期的なサービス!

これまでポイントはポイントとして使うしかありませんでした。

が、ネオモバはTポイントを利用して投資し、譲渡益(株を売ることで得た利益)が出た場合、その金額を口座に移すことができます。つまり、ポイントがお金に変わるということです!

これってすごくありません!?

いまや色んなポイントがありますが、各社自社サービスでのポイント利用という縛りがあります。
その常識を破る新しいサービスだと私は感動しています。

1株単位(S株(単元未満株))から株が購入できる

通常、株の取引は単元単位(1単元=100株)でしか行えませんが、ネオモバではS株(単元未満株)取引ができ、1株〜から購入・売却ができます。

このハードルの低さも大きな魅力です!

例えば、1株500円の株あったとしましょう。通常1単元(100株)からの取引になるので、最低でも5万円が必要になります。

ですが、投資の知識が乏しい場合や、投資初心者にとっていきなり5万円を注ぎ込むのは勇気がいりませんか!?もし暴落して価値が半減してしまったら・・・などと考えると、ふんぎりがなかなかつきませんし、銘柄選びに慎重になってしまいます。

この点ネオモバであれば、S株で取引OKなので、1株〜可能な金額だけを投資することができます。

ちょっと自信があれば数株買ってみたり、逆に自信がない場合や様子見したい場合はひとまず1株だけ買ってみたり、とにかく分散していろんな業界の株をちょこちょこ買ってみたりと、S株取引の活用方法は様々です。

初心者にこそ、S株というハードルの低いところから始めて、経験を積むのにもってこいなサービスだと思っています。

「習うより慣れろ」を実践できる場所

さて、今回はネオモバの魅力4点をあげました。

魅力1:月額利用料220円(実質負担20円)で始められるハードルの低さ
魅力2:最安プランでは月約定額50万円まで手数料無料で取引仕放題
魅力3:Tポイントを利用でき、譲渡益は現金化可能
魅力4:1株単位のS株での購入ができから色んな銘柄を購入できる


他にもまだ魅力はありますし、見方を変えればデメリットと言える点もあります。

次回以降、それらの点や、実際のネオモバの利用方法についてまとめていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました